公共貨幣システムへの移行(連載17)

第17回目は、「公共貨幣システムへの移行」を学びます。

教科書はNPO法人日本未来研究センター理事長山口薫さんの著作

『公共貨幣』第Ⅲ部 公共貨幣システムへの移行「第12章 公共貨幣システムへの移行モデリング」です。

12・1 貨幣改革タブーの崩壊

12・1・1 ロン・ポール議員の連銀批判

12・1・2 クシニッチ議員のNEED法案

12・1・3 IMF論文「シカゴプラン再考」

12・1・4 ターナー卿の公的貨幣ファイナンス(OMF)

12・1・5 170年ぶりの英議会ディベート

12・1・6 スイスの貨幣改革国民投票イニシアティブ

12・2 債務貨幣システムから…

12・3 量的緩和(QE)の失敗を経て…

12・3・1 異次元の金融緩和

12・3・2 マネーストックはなぜ増えない?

12・3・3 現金をなぜばらまかないのか?

12・4 公共貨幣システムへの移行

12・4・1 移行(Transition)目標

12・4・2 移行Transitionステップ

12・5 120%のみんなが幸せに

12・5・1 分割&支配とうちの終焉

12・5・2 100%のみんなを愛で包み…

12・5・3 大和の心で120%のみんなが幸せに

今回は以上です。

次回は、第13章「日本国公共貨幣法」について学びます。