「Bitcoinが$ 4400を超えると銀行は終わる」とIMFの首脳が予想を発表

イングランド銀行のフォーラムで国際通貨基金(IMF)のマネージングディレクターは、「Bitcoinとcryptocurrency(仮想通貨)にはインターネット自体と同じほどの未来がある」と、とても直接的に推測しています。それは、中央銀行、従来の銀行業を置き換え、国家の金銭の独占に挑戦する可能性がある。

2011年以来IMFでの地位を維持してきたパリ出身のクリスティン・ラガルド氏は、現存する暗号詐称の唯一の実質的な問題は時間の経過とともに修正可能だと述べている。

長期的には、技術そのものは、国家の金銭、従来の金融仲介を置き換えることができ、今日行われている準備預金銀行モデルに疑問を投げかけます。

同氏は、仲間たちが未来を見据えていないことを痛烈に批判した講演で、「ちょっと前まで、パーソナルコンピュータなんて、決して広まらないないだろうと主張していたエキスパートもいたし、タブレットなんて高価なコーヒートレイとしてしか使用されないだろうと言った専門家もいる」と警告した。「仮想通貨を無視することは賢明ではないかもしれない」と述べた。

彼女の論文の関連する部分は次のとおりです:

「仮想通貨から始めましょう。それは、Paypalや中国のAlipayやケニアのM-Pesaなどの「e-money」プロバイダを通じての、既存の通貨でのデジタル決済のようなものではありません。

仮想通貨は、それぞれ独自の口座および支払いシステムを提供するため、ただの既存の通貨の単なるデジタル決済とは異なるカテゴリに分類されます。これらのシステムは、中央銀行の介在なしに、中央クリアリングハウスなしでピアツーピア取引を可能にする。

今のところ、Bitcoinのような仮想通貨は、現金通貨と中央銀行の既存の注文にほとんどあるいは全く挑戦しません。なぜでしょうか?それらはあまりにも揮発性が高く、危険性が高く、エネルギー集約的であり、基礎となる技術はまだスケーラブルではないためです。多くは規制当局にとってはあまりにも不透明です。いくつかはハッキングされています。

しかし、これらの多くは、時間の経過とともに対処できる技術的課題です。それほど遠くない昔に、パーソナルコンピュータは決して実用化されないだろうと主張していたエキスパートもいたし、タブレットなんて高価なコーヒートレイとしてしか使用されないだろうと言った専門家もいる。しかし実際は違いました。だから、私はそれと同じで、仮想通貨を否定することは賢明ではないかもしれないと思います。

お金のためのより良い価値?

例えば、弱い国々の制度や不安定な国の通貨を考えると、米ドルなどの別の国の通貨を採用する代わりに、これらの国々の一部では仮想通貨の利用が拡大する可能性があります。「ドル化2.0」と言えるでしょう。

IMFの経験によれば、新しい通貨を中心とした整備は指数関数的に増加する転換点がある。例えば、セイシェルでは、ドル化率は2006年の20%から2008年の60%に上昇した。

それでも、なぜ市民は物理的なドル、ユーロ、またはスターリングではなく仮想通貨を保有しているのでしょうか?紙幣を手に入れるよりも、特に遠隔地では、紙幣を手に入れるより、このほうが、ずっと簡単で安全かもしれないからです。バーチャル通貨は実際にはより安定しているからです。

たとえば、ドルで1対1で発行されたり、安定した通貨バスケットが発行されたりする可能性があります。発行は、信頼できる、事前定義されたルール、監視可能なアルゴリズム、またはマクロ経済情勢の変化を反映するかもしれない「スマートルール」によっても支配され、完全に透明になります。

だから、多くの点で、バーチャル通貨は、既存の通貨や通貨政策を変更しようとするのではなく、彼らの実用のためのお金の仕組みを実行しようとするだけかもしれません。中央銀行家による最善の対応は、経済が進化するにつれて、新鮮なアイデアや新しい要求に目を向けつつ、効果的な金融政策を継続して実行することです。

より良い支払いサービス?

たとえば、分権化された分散したサービス経済が展開している国での新しい決済サービスの需要の高まりを考えてみましょう。

これは、しばしば国境を越えて、頻繁に、小額の支払いで、ピアツーピア取引に根ざした経済を目指すものです。

ニュージーランドの女性からのガーデニングのヒントのための4ドル、日本の詩の専門家の翻訳のための3ユーロ、歴史的なフリートストリートのバーチャルレンダリングのための80ペンス:これらの支払いは、クレジットカードなどの電子マネーで行うことができます。しかし、小額取引、特に国境を越えた取引では、料金は比較的高価になりがちです。

その代わり、潜在的に現金と同じコストと利便性を提供するので、市民はバーチャル通貨を好む可能性があります。決済リスクや決済遅延、中央登録、勘定や身分証明書の仲介なしに、個人的に発行されたバーチャル通貨が危険かつ不安定なままである場合、市民は中央銀行にデジタル形式の法定通貨を提供するよう呼びかけてもよい。

だから、新しいサービス経済がイングランド銀行のドアを叩くと、既存の銀行は、それを歓迎するのだろうか?イングランド銀行は喜んで金融の流動性を提供するか?

金融仲介の新しいモデル

これは、私たちの「1人乗りの乗り物での旅」という第二の足である金融仲介の新しいモデルをもたらします。

1つの可能性は、銀行サービスの解散、つまり解体である。将来的には、電子的財布の決済サービスの残高を最小限に抑えることができます。

残りの残高は、ミューチュアル・ファンドに保管されていてもよいし、大量データのエッジと自動クレジット・スコアリングのための人工知能を備えたピアツーピア貸出プラットフォームに投資されてもよい。

これは、ソフトウェアを中心とした6か月間の製品開発サイクルと絶えず更新された世界であり、シンプルなユーザーインターフェイスと信頼できるセキュリティに対する大きなプレミアムを備えています。データが王様であるような世界。支店を増やす必要もなく、多くの新しいプレーヤーが活躍する世界。

銀行の預金や資金が新しいチャネルを通じて経済に流入すると、これはわれわれが現在知っている準備預金銀行モデルに疑問を投げかけるとの意見もある。

この文脈でどのように通貨政策を設定するのか?

今日の中央銀行は通常、プライマリーディーラーや大手銀行など、固定価格で流動性を提供するいわゆるオープンマーケットオペレーションを通じて資産価格に影響を与えます。しかし、これらの銀行が新しい金融界ではあまり意味がなくなり、中央銀行残高の需要が減少するとすれば、これまでの金融政策の効果が依然として有効に機能すると考えられるだろうか?」